単身パックは本当に安いのか?

就職や転勤、大学への進学で一人暮らしをすることになった場合に限らず、
少しでも引越し費用を安くしたいと誰でも思うところです。

 

ひとり暮らしの引越しで、少しでも引越し費用を節約したいのであれば、
単身パックがおススメです。

 

単身パックは、日通のサービス名であり、
専用のボックスを利用して、宅配便感覚で引越しをするサービスです。

 

宅配便でいうダンボールが専用ボックスになっただけです。
なので、トラックを貸し切っての引越しではありません。

 

広い意味で、単身引越しの事を単身パックという事もあるようですが…

 

 

専用ボックスを利用したサービスは、日通の他にクロネコヤマト、佐川(SGムービング)、
ハトのマークの引越センター、西濃運輸などが代表的です。

 

さて、この単身パックですが、本当に安く引越しができるのでしょうか?
まあ、トラックを貸し切らない分だけ、引越し料金は安くなりそうですが、
場合によっては、安くない場合もあります。

 

 

単身パックであまり得をしない条件は、近距離の引越しと荷物が多い場合です。
この2つの条件を満たしてしまったら、確実に引越しで損をするでしょう
また、1つの条件のみあてはまる場合には、しっかりと検討する必要があります。

 

 

まず、単身パックの利用には、荷物が少ないことが必須条件です
なぜなら、専用ボックスの数で料金が決まるからです。
宅配便のダンボールと同じです。

 

例えば、1つの専用ボックスの場合に、引越し料金が1万円だったとすると、
専用ボックス2つで、2万円となってしまいます。
専用ボックスが3つなら、3万円です。
なので、荷物が多い場合に単身パックを利用すると、損をする可能性があるのです。

 

 

次に近距離の引越しですが、これは地域密着型の中小引越業者の存在です。
中には、軽自動車で単身引越し専門にしている業者もいます。

 

 

料金的には、単身パックと同等か安い場合もあります。
料金が違わない場合にも、運べる荷物の量が違うので、地域密着型の中小引越業者の
方がお得感があります。

 

いずれにせよ、いろんな引越し業者から見積もりをもらって、比較検討することが大切です。
引越し一括見積もりサイトを利用すれば、地域密着型の中小引越業者も含め、
簡単に複数業者から見積もりをもらうことができます。

 

 

関連ページ

単身パックで運べる荷物
荷物の少ないひとり暮らしの引越しには、単身パックが有利とされていますが、一体どれぐらいの荷物の量を運ぶことができるのでしょうか?
引越しする時期で料金は変わる?
単身パックでも、引越しする時期で料金は変わるのでしょうか?
普通の単身引越プランとの違い
普通の単身引越しプランと単身パックとは、何が違うのでしょうか?